卵のようなツルツルの肌へ

ツルツルの卵肌になるための3つのポイント

ツルツルの卵肌になるための3つのポイント

卵肌になるためには、大きなポイントが3つあります。
憧れの卵肌になるには、この3つのポイントを押さえてスキンケアをしていくことが何よりの方法です。

■肌のターンオーバーを正常化させること

卵肌になるためには、まず何と言っても健康な肌を作ることが大切です。
肌を健康にするためには古い角質を落として、肌のターンオーバーを正常化させることが必要になります。

肌は通常28日の周期を持って古い角質は自然に剥がれ落ちて、新しい肌に生まれ変わると言うサイクルを持っています。
これがターンオーバーです。

このターンオーバーが正常に行われない状態になると、肌はくすんでしまい、毛穴も詰まりやすくなります。
これは古い角質が溜まって、角質層が厚くなることが原因です。

■保湿メインのスキンケアをすること

肌は保湿されているからこそ肌本来の機能を保つことができます。
乾燥している肌は水分と油分のバランスを取ることができなくなって、皮脂が過剰に分泌されてオイリー肌になったり、毛穴に余分な皮脂が詰まりやすくなります。

その結果、肌トラブルを起こしやすくなり、肌のバリア機能までも衰えさせてしまうことになってしまいます。
これらを全て防いでくれるのが保湿です。

保湿されて潤っている肌は、さまざまな肌トラブルを未然に予防すると共に、健康な肌を作るための機能も活性化して、水分と油分のバランスを保った状態になっていきます。

■毛穴の引き締めも重要

卵肌と言えば毛穴がキュッと引き締まった状態で、目立たないことが代表的です。
毛穴を引き締める方法として、毎日のスキンケアの中で、洗顔後や入浴後などの毛穴が開いている状態の時に、冷水洗顔などを仕上げに行うことがおすすめです。

毛穴が開いた状態のままだと、毛穴に皮脂や汚れが溜まり詰まることはもちろんのこと、それが原因となってニキビや吹き出物などが出来やすくなります。
1度できたニキビや吹き出物は、完全に治るまでには時間がかかりますし、炎症を起こせば色素沈着の原因になることもあります。

■卵肌になれるポイントを押さえたスキンケアを毎日しよう

毎日誰もが行っているようにも思えるスキンケアの方法ですが、ポイントを押さえてしっかりと毎日ケアすることで、より一層の卵肌へ近づくことができます。

肌を健康に保つために基本的なことをしっかりと行っておけば、徐々に肌はみずみずしく潤ってつややかな卵肌へと導かれて行きますので実践あるのみです。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ