卵のようなツルツルの肌へ

ツルツル卵肌のメイクテクニック

ツルツル卵肌のメイクテクニック

卵肌になると肌の状態がとても良い状態になるので、メイクも楽しくなります。
メイクによってさらに肌をキレイに見せることも出来ますので、よりオシャレの幅が広がります。
そんな時にお役立ちなメイクの方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

■化粧下地はどうしたら良いでしょうか

卵肌の方の化粧下地には、使い心地の軽めな肌色のクリームタイプが良いと言われています。
シミやくすみがなければ、それらに対応した下地は必要ありませんので、それに見合ったものを使います。

肌の色に合ったクリームファンデーションを使うのも良い方法です。
クリームファンデーションの中には、美容成分が配合されているものもあり、化粧下地にプラスするだけでもかなりお肌がつやっぽく見えるようになります。

また光を反射する効果があるものなら、より一層の効果を発揮します。
このように化粧下地とクリームファンデーションの使い方によって、内側から輝くような肌を作ることができます。

■コンシーラー類は?

シミやくすみが気になる場合は使用します。
ただし、部分的に使用するものなので、顔全体には使いません。
顔全体をファンデーションで均一にした時よりも、コンシーラーを使った方が軽めの仕上がりになることもあるので、ケースバイケースで使うようにします。

■フェイスパウダーは使った方がいい?

ファンデーションを使用した後に、仕上げに使う方もいますが、クリームファンデーションのテカリが気になる場合にも使います。
フェイスパウダーを使うと肌に透明感が出ますし、ナチュラルな印象を与えます。

フェイスパウダーを使用するならミネラルパウダーやシッカロールなどもおすすめです。

■仕上げはどうしたらいいの?

メイクの仕上げは、ここまで肌に乗せて来たパウダー類で余分なものを落とし、顔色を整えるように優しくチークを入れると効果的です。
メイクの内容によってはチークはごく薄めな方が良かったり、しっかりと入れた方が良かったりしますが、それは個人によって違いがあります。

■卵肌のメイクのポイントはナチュラルで軽めなこと

卵肌の方も、卵肌に見せたい方も、メイクをする時にはナチュラルメイクを心がけて軽めの印象に仕上げるととても良いです。

自然な仕上がりは肌をツルツルに見せてくれますし、卵肌?と人目を惹くようになります。
チークなどの色物も使用して良いですが、あくまでもナチュラルに見える程度に使うことがおすすめです。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ