卵のようなツルツルの肌へ

ピーリングジェルで卵肌になる上手な使い方を教えます

ピーリングジェルで卵肌になる上手な使い方を教えます

卵肌になるためにはピーリングが効果的です。
ピーリングは正しい使い方をすることによって、卵肌への道を切り開いてくれますので、使用方法はしっかりと守りましょう。

ピーリングの上手な使い方を紹介します。

■タオルドライは必要不可欠

ピーリングを行う時には、肌が濡れた状態だとピーリングジェルの効果が半減してしまい、十分な効果を発揮できません。
ピーリングをしっかり行いたい時は、メイクを落として洗顔を済ませて、タオルドライをするようにします。

入浴時も、その他の場合でも、肌が濡れている状態ではピーリングをしないで、必ず軽くタオルドライをしてから行うようにします。
ピーリングを中途半端にするよりも、しっかりと行うことの方が大切なので、タオルドライは必要不可欠だと考えておきましょう。

■ピーリングジェルは具体的にどうやって使うの?

ピーリングジェルは、そのメーカーによっては、1回の使用量には違いがあり、たっぷり使うタイプのものあれば、500円玉大などのように明確な量を指定している場合もあります。
1回の使用量は出来るだけ忠実に守るようにすることが大事です。

指定量を手に取った後は、顔全体にピーリングジェルを伸ばして馴染ませます。
優しく馴染ませることが基本で、馴染んだ後は、優しく円を描くように指の腹を使って出来るだけ刺激を与えないようにマッサージします。

ボロボロと落ちてくるのを実感したら、人肌程度のぬるま湯でしっかりとピーリングジェルを落とします。
最後の仕上げに冷水洗顔をして、毛穴を引き締めると一通り完了します。

■ピーリングはどれくらいの頻度で行うのが良いの?

ピーリングは基本的に毎日行うケアではありません。
ピーリングジェルによって頻度の目安が記載されていますので、それを目安として行うのがベストです。

ピーリングをするたびに、ボロボロと落ちてくる量が減ってくればそれは古い角質がほとんど無くなってきている証拠になりますから、そうなったら頻度を落とします。

■ピーリングは定期的に行うものです

ピーリングは毎日行うものでは無くて古い角質を落とすためにある一定期の期間を開けてケアするものです。
例えば1カ月に1回などです。

最初のうちは月に1回程度でも良かった状態も次第にその期間は長くなることもありますので、肌の状態に合わせて定期的に行うことが望ましいです。
使い方に慣れてくると手軽にケアできるようになるので、やりすぎには注意をしながらケアしましょう。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ