卵のようなツルツルの肌へ

ピーリング以外で卵肌になるには?

ピーリング以外で卵肌になるには?

卵肌を目指す女性にとってさまざまなスキンケア方法を試すこともあるでしょう。
さまざまなスキンケア方法の中でも、ピーリングがとても効果的だと言われていますが、その他の方法はないのでしょうか。

卵肌でいるための方法として、ピーリング以外の方法があるとしたら、知りたいと思いませんか?

■酵素洗顔を試してみる

洗顔料は数え切れないほどの種類がありますが、酵素は、たんぱく質や脂肪を分解する働きがあるもので、それを洗顔料に配合したものがあります。
酵素洗顔は、毛穴の汚れをしっかり落とすと共に、毛穴から始まるトラブルを未然に防ぐことが出来るようになる、優秀な洗顔料です。

酵素洗顔はパウダー状のものが多く市販されています。
パウダー状だと使いにくさを感じる方もいるかもしれませんが、スポンジや泡立てネットなどを利用してしっかりと泡立てれば特に都合の悪いことはありません。

泡立てたたっぷりの泡で泡洗顔をするようにすれば、肌にも毛穴にも優しい洗顔をすることができます。
稀に肌に合わない方もいるようですので、自分に合うかどうかは確認することが必要です。

■炭酸パックもおすすめ

炭酸パックは肌の血行促進効果が大きなものです。
炭酸パックに含まれている炭酸ガスが血管を拡張させる働きがあり、血流を良くする効果があります。

血行が良くなった状態で洗顔をすれば毛穴の中までキレイにすることができますし、その後のスキンケア用品もじっくりと浸透することが考えられます。

■蒸しタオルや肌触りの良いタオルを使用する

蒸しタオルを顔に当てて血行を促進した状態に、肌触りの良いタオルで洗顔料を泡立ててそのまま優しく洗顔することもおすすめです。
タオルを使用することによって、肌に摩擦が起こらないように、とにかく優しくゆっくりと洗うことが大きなポイントです。

タオルが摩擦になるかも?と心配な方は泡立てた泡で洗顔をしたり、タオルも1枚の状態にして使うなど工夫をすると良いでしょう。

■卵肌を目指すなら肌の汚れは必要最低限落とすこと

卵肌を目指すと言っても洗いすぎは良くありません。
肌の汚れは必要最低限落とすことを目標にして、丁寧に洗顔をするようにしましょう。

それによって肌のターンオーバーが正常に機能するようなら、どんどん肌は元気で健康になり、卵肌へと近づいて行きます。
毎日の肌のチェックと共に、自分の肌に合った洗顔方法を見つけ出して実践することがおすすめだと言えます。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ