卵のようなツルツルの肌へ

卵肌になるための洗顔方法

卵肌になるための洗顔方法

卵肌になるには洗顔がとても大切です。
スキンケアの基本とも言えるものなので、洗顔は正しく行うように毎日心がけたいものです。
正しい洗顔が出来るようになると、それだけでも肌の状態は変化して行きますし、卵肌にも近づきます。

■自分の肌に合う洗顔料を選んで使う

卵肌になれる!と言うような感じで、卵肌を強調した洗顔料はたくさんありますが、その中でも自分に合う洗顔料がどれなのかは実際に使ってみないと分かりません。

自分に合う洗顔料を選ぶには自分の肌質も知っていなければなりませんし、それを踏まえて自分に合う洗顔料を選んで使う必要があります。

とても基本的なことなので、しっかりと選んで使うようにしましょう。

■洗顔料はしっかりと泡立てることが肝心

洗顔料は泡立ててこそその役割を果たすものです。
泡が毛穴の中まで届いて汚れをとしてくれると言うメカニズムは洗顔料を使ったことがある方なら1度は聞いたことがあるでしょう。

泡洗顔は洗顔料で洗顔する上では基本となり、ニキビや肌荒れがあっても、肌に負担をかけない洗顔方法なので修得しておきたいテクニックです。

また、たっぷりの泡を顔全体に乗せた後、その上から柔らかいタオルなどで摩擦にならないようにマッサージすることも良い方法です。
肌の状態によって洗い方も工夫すると良いでしょう。

■すすぎはぬるま湯でしっかりと

洗顔後のすすぎは、ぬるま湯でしっかりと行うようにします。
手で顔をこすらないようにぬるま湯をばしゃばしゃと顔に当てるように行うことがポイントです。
髪の毛の生え際などにすすぎ残しがないように気をつけましょう。

■仕上げは毛穴を引き締めて

洗顔の仕上げには毛穴を引き締めるために冷水洗顔を行います。
冷水をばしゃばしゃとすすぐように顔に当てることで、開いた状態の毛穴を引き締めることができます。
それによって毛穴の目立ちにくい卵肌にも近づけるようになります。

■自分に合った洗顔は卵肌への第一歩

自分の肌に合う洗顔は、肌を清潔にすると共に、健康にするためにも必要なことです。
毎日コツコツと洗顔によるケアを続けて行くことで、卵肌にも近づくことができます。

洗顔による洗いすぎには注意が必要ですが、適度に潤いを残しつつ、しっかりと汚れを落とす洗顔料を選べば、肌は日に日にキレイになっていき、ターンオーバーも正常な状態へと近づいていきます。

洗顔の最後の仕上げには毛穴を引き締めることを忘れがちなので、それを忘れずに実践するようにしましょう。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ