卵のようなツルツルの肌へ

卵肌になるための裏技「ガーゼ洗顔」とは?

卵肌になるための裏技「ガーゼ洗顔」とは?

卵肌になるには、さまざまなスキンケアをコツコツ続けることが大切ですが、丁寧な洗顔が何よりも大切だと言われています。
洗顔方法の中でもより卵肌に近づけるための方法があると言われていますが、それはどんな方法なのでしょうか。

■ガーゼ洗顔とは?

ガーゼ洗顔は、卵肌をキープしている方の中で人気がある洗顔方法で、毛穴の中の汚れを取る効果があり、お肌の血行促進にも効果があると言われています。

普通肌の方よりも、毛穴に皮脂が詰まっていて、ざらつきのある方にはぴったりな方法ですが、肌が乾燥している方は控える方が良いと言われています。

考えてみると生まれたての赤ちゃんの洗顔はガーゼで優しく撫でるように洗顔します。
それを応用しているのかもしれませんが、肌の状態を確かめた上で実践すると良いです。

■ガーゼ洗顔をやってみよう

できるだけ柔らかい素材のガーゼを用意します。
メイクをしている時は先にクレンジングを済ませておきます。
ガーゼをぬるま湯に浸して洗顔料を付けてしっかり泡立て、ホイップクリームのような泡を作ります。

顔全体に泡を伸ばし、肌表面を優しく撫でるように洗顔をします。
イメージとしては生まれたての赤ちゃんの頬を優しく撫でるような感じです。

その後しっかりとすすぎ、最後の仕上げに冷水洗顔をします。

■ガーゼ洗顔をする時に注意したいこと

ガーゼ洗顔は肌の汚れを落とすにはとても良い洗顔方法ですが、その分、潤いまでも落としてしまう可能性があります。
また必要な潤いの他にも、皮脂を落としすぎたり、肌に刺激となる場合があります。

くれぐれもガーゼ洗顔は肌の様子を見ながら行う必要があり、少しでも肌の乾燥を感じたり、刺激となっている様子があれば、中止することがおすすめです。

またガーゼは赤ちゃん用の非常に柔らかい素材を使うことが望ましく、それ以外のガーゼは何度か揉み洗いをするなどして柔らかくしてから使うと良いでしょう。

■ガーゼ洗顔は肌と相談しながら行うこと

ガーゼは時として肌に刺激になるものです。
確かに生まれたての赤ちゃんにも使われるほど低刺激なものですが、普段泡洗顔をしている方が急にガーゼ洗顔をして肌に刺激になったと言う例もないわけではありません。

顔全体にしなくても、顔の毛穴が気になる部分だけに実践することも有効ですので、肌の状態を確認しつつ、丁寧に洗顔することがとても大切です。
肌に合うようであれば、最高の洗顔方法になりますので、試す価値はあると言えます。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ