卵のようなツルツルの肌へ

卵肌のために必要な栄養とは?

卵肌のために必要な栄養とは?

健康な肌は卵肌と言われることもあり、見た目にもメイクをしていてもとてもキレイな肌だなと思うことが多くあります。
肌にハリがあり、つや感もあり、十分に潤いが足りている状態の肌は、性別を問わず誰から見ても目に留まるものがあります。

そんな卵肌になるために必要になる栄養素にはどんなものがあるのでしょうか。

■ビタミンA

ビタミンAは、肌の保湿機能を司っていて、肌荒れそのものを防ぐ働きを担っています。
ビタミンAが不足すると、肌は保湿機能が低下してしまい、肌のバリア機能も同時に低下していき、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

ビタミンAは経口摂取することでも肌に有効で、保湿機能を向上させる効果があります。
食品ではレバーや牛乳、卵黄、ウナギなどに多く含まれています。

■ビタミンB群(B2、B6)

ビタミンB群は肌の新陳代謝に深く関与しています。
皮膚の発育を促しつつ、皮膚の抵抗力も強化する働きがあるので、肌そのものの健康に深い関わりがあると言えます。

不足すると、ターンオーバーが昨日しなくなり、古い角質も溜まりやすくなり、肌トラブルを起こしやすくなります。
食品では、海藻、肉類、卵黄、豆類などに多く含まれています。

■ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成、メラニン色素の沈着を防ぐなどの効果があります。
美白効果もあるので、外せないビタミンです。
ビタミンCは美容成分としても化粧品に配合されていますが、食品からの摂取もとても大切です。
食品では、果物や、野菜類に多く含まれています。

■ビタミンE

ビタミンEは皮膚の血行促進の効果があります。
肌の血行が滞るようになると、新陳代謝も下がるのでターンオーバーも滞りがちになります。
また肌トラブル防止効果もあるので積極的に取りたいビタミンです。

食品では、ナッツ類、小麦胚芽、アボカドなどに多く含まれています。

■美肌は1日して成らず

卵肌も1日では出来ません。
美容成分のたっぷり配合されたスキンケアをすることはもちろん、丁寧なスキンケアをした他にも、こうした肌に良い食品を積極的に取り入れるようにすることで、肌の状態は完璧に近い程の状態になります。

肌もたくさんのビタミンを必要としていますので、食事はバランスを考えつつ、先に述べたようなビタミン類を積極的に、なおかつ意識的に摂取するようにしましょう。
体の内側から肌に良い栄養成分を摂取することで、体も健康になり、肌も美肌となり、心身共に良い状態を保てるようになります。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ